NEW POST

本をめぐる環境 と 天の瞳

以前から、ずっと思っていたこと、忘れないように書き残したいと思います。

イタリアと日本の違いで、私がすごく不思議だなと思うのは本を巡る環境。


以前、確か池上彰さんの何かの本で、読んだのですが、発展途上国は書店の数と、本屋にいる若者の数を見れば、
その国の今後が見えるという考え方で、それはつまり、本を読む若者=学ぶ姿勢=将来的に国が発展する、
というような内容だったと思います。
すごく的を得ている考え方だなと感心した記憶があります。

この考え方は、発展途上国だけでは無く、先進国でも当てはまるのでないかと私は思っているのですが…


日本にいた時は、入り浸るほど本屋さんが好きで、仕事帰り、休日、書店に1,2時間いる^^;という生活でした。
仕事帰りは、本屋さんへ直行!レジに並ぶ人の行列!書店にいる人の数の多さ!!!それに、書店の数も多いし広い!!!!
日本人は本好きな人が多いのだ!と思う。

対してイタリアは、そもそも書店があまり無いです、ミラノなんか大都市なのに、少ししかないなぁと思った。
それに本屋さんにいる人の数が少ない少ない…ガランとしてます(涙)


どうしてだろうと考えてみたのですが、イタリアは本の価格設定が高いと思うんです。
日本も、新書は高いですが、文庫本はすごく安いですよね。

例えば村上春樹氏の本一冊買うのに、厚さにもよるけれど、10€~15€とか、それくらいはします。
村上春樹氏の本は長編になると数冊になるので(1Q84はイタリアでは3冊)、つまり、本に30€~40€かかかるって計算。

日本よりお給料が安いイタリアで、本が日本より高いか同じ値段、となると、
それに加え、今は不況のイタリアにとっては、本が高級品になってしまっている家庭が多いのではないかと。
それに、イタリアは、古本屋というのもあまり見ませんし・・・

夫も本をあまり読まない人なんです(村上春樹は好きでたまに読んでいますが)。
ただ単に彼が育った環境的なものもあるだろうけど、本を巡る環境が整ってないというのもあるんじゃないかと思う。
うちだって、イタリアでは、本が高いなと感じてしまうし、ぽんぽん買える環境じゃないです。

本が、経済環境が良い家庭しか買えないもの、になってしまっているような状況が、良くないことだと思う。
本は誰にでも買える値段設定であるべきだ!!

そもそも本の価格って国が決めてるものなのだろうか。誰が決めているの。
夫によると、イタリアの本の税率は4%だそう。。そうなると、やはり本の価格自体が高いってことですよね。
本当に不思議。
どうして日本とイタリアで、こんなに本の値段に違いがあるの??
そして他の国の、本の環境も気になる。

これからは、電子書籍が台頭して、環境はまた変わるのかと思うけれど、
イタリアも、もちろん日本も、さらに良い方向に変わってほしいものです。
特にイタリアは。本好きにとっては、今のイタリアの環境はすごく悲しい。


全く関係ないですが、本繋がりで。
私は天の瞳という本が、大好きでした。小学生のころから読んでいた本。
倫太郎くんと結婚したいな!と思うほどだった。
子どもの成長を描いている話。ほかほか、温かい気持ちになる。

もう随分前ですが、作者の灰谷さんの訃報を知って、当時、悲しみました。
未完の物語だけど、でも倫ちゃん(あ、倫太郎くんのことですw)は、私の心の中で成長している!それがいいのかな、と言い聞かせて、もうかれこれ、数年(ん、数十年かな)が経ちました。

なんと9冊目の最終話が出ているらしく!!最近知りました!
早く読みたいような、読みたくないような。。
倫太郎くんに逢うのが今からドキドキだな♡ 心の準備が必要。
恋する女の子。

[PR]
by patata_lemondrop | 2016-12-09 06:57 | 世の中に物申す!