NEW POST

毎日こつこつ、浮世絵雑誌 

ずーいぶん前に、記事に書いた、
アート雑誌、歌川広重ですが、中断もありつつ^^; 10月初旬ごろ読み終わりました。半年くらいかかってる^^;

↑この時は、丸の内サディステッィックだったんですね。ふーん、ここ数日はm-floのcome againが、頭から離れない^^;

歌川広重、大好きになりました、浮世絵の世界は深いですね。
浮世絵の展示会があったらぜひとも行きたいなぁ。

イタリア語で浮世絵について学んでよかったことは、イタリア語でイタリア人に説明が出来るということでしょうか。
今すぐは役立たないと思うけど、「浮世絵をはじめとした様々な日本の文化を、正しくイタリア人に伝えることが出来る」のは、とても大切な事だと思います。
将来的な長期的目標として、続けて学んでいきたいなぁ、と思うようになりました。



現在、2冊目、喜多川歌麿を読んでいるところ。

大体同じ浮世絵関係だから、出てくる単語も似ていて、慣れてきたもあって、
少しはすらすら読めるようになってきました。遠過去も、別途勉強中なので、すらすら~と進むように。嬉しいよ~
今回は、一度目、辞書を使わずに流し読みして大意を取る→ 二度目、分からなかった単語を調べながら、細かく読む。
この方法で。

喜多川歌麿は、美人画で有名な浮世絵師、中でも、「ビードロを吹く娘」は、特に有名らしく。
父の切手コレクションの中にこの画の切手があったな、というのを覚えていて、
あ!これって喜多川歌麿だったんだ!と、驚きました005.gif

d0348504_23024985.jpg
今現在、14ページ目。
亀の歩みながら・・・頑張りたいです。果たしていつ読み終わるか^^;;


前にも書いた気がするけど、何か新しいことを学んだり、知りたいと思うわくわくは、とても楽しいもの。
こういう気持ちをいつも持っていたいな、と思います


[PR]
by patata_lemondrop | 2016-12-02 23:09 | 学び