NEW POST

EUを見るとはどういうことか?@移民局

すっかりお久しぶりになってしまいました。

昨日衝撃的な出来事が起きたので、忘れないうちに書き留めておきます。

パスポート番号の変更による、滞在許可証の内容変更を、必要書類と合わせて、2カ月半前に申請しており、
最近は移民が多いから、5カ月かかり、完成したらSMSで連絡が来ますから、と言われていたのですが、

2日前、移民局から、謎な手紙を受け取りました、要点は…

・Aggiornamento(変更)ではなく、Rinnovo(更新)であり、そのため、扶養証明と収入証明書の書類を提出せよ
・この手紙が書かれてから10日以内に届け出なければ、申請を却下する

すでに10日以上が過ぎて届きましたし(書き留めすら無)、2カ月経って、今更、書類不足だと言われても。。
加えて、ただ単にパスポート番号の変更の申請なので、受付の人からは「Aggiornamento」と聞いていて、言われた書類はすべて提出しているのに。。

もう読んだ時は、何がなんだか分からず、「は???」という感じ。。

また一からやり直しになると、今後日本へ帰る予定を立てる時にも困るし、イタリアに対して怒りがふつふつとこみあげて、情緒不安定な一晩を過ごしました。

前夜、夫は手紙の返事を作成してくれたので、それも持参し、翌朝、一人で行ってきました。
9時15分ごろ到着すると、、すでにすごい人。。

順番のための番号が無く、無秩序なので、
とある外国人はずるをして、どんどん先に行ってしまうこともあり、神経を張り詰めますし、
「私が先です」とか、そういう主張をしなくてはいけません。。でも、なんだかすごく「嫌な人」になったような気分で、気持ちの良いものではありません。。番号があれば、順番が来るまで、もっと穏やかに時間を過ごせるのに…

2時間待って、やっと自分の番が来ました。
「今は滞在許可証の受取だけです」「質問は受け付けられません」と言われて、さすがの私もプツンとなってしまい、
無視して「この手紙を受け取ったのです」「私はAggiornamentoのはずなのです、この書類の申請は、必要がないはずでは?」と続けたのですが、手紙もろくに読まず、「手紙の通り提出して下さい、とにかく今は受け取りだけだ」と怒鳴られたので、「じゃあ一体どうすればいいんですか?」と聞くと、「質問は、12時半~受け付けるのでそれまで待て」と。

怒りが収まりませんでした。
今日が受け取りだけだという張り紙も何も無く、2時間待った挙句、この酷い対応。
結局私は、4時間待って、やっと質問を受け付けてもらえましたが、窓口では、やはり手紙もろくに読まず「関係ありません、提出して下さい」と言ってきたので、主張し続けたところパソコンで確認をしてくれて、「あれ?おかしいわね、確かにAggirnamentoのはず…」となり、
結論、この手紙は間違っていたという。。イタリアって本当になんなの…怒!


と私が書きたいことは、これでない!!ここからが本題です。


この4時間の間、多分11時半くらいだったでしょうか。
狭い場所に終始移民がわらわら詰めかけているような状況の中、
とある外国人男性(アルバニアとかかな?)と奥さん、まだ生後間もない子どもを連れていた家族に起きました。
その外国人男性は、ペンキで洋服が汚れていて、作業着といった感じの服装でした。

なぜだか分かりませんが、いきなり、移民局の職員と、今までイタリア生活で聞いた中で一番という位の、
喧嘩が始まったのです。
外国人男性は、つたないイタリア語で、必死にその移民局の男性と、たぶん3分くらい、すごいどなり声で、言い合いをしていて。。。対応の悪さや、態度の悪さ、自分は仕事から抜けてきている、小さい赤ん坊がいる等を主張していました。
職員の後ろには、警官の女性(超ナポリ弁)が付いていて、彼女も加勢。

もちろんイタリア語母国語話者 VS イタリア語が外国語話者 なので、その男性も怒りからか、言葉が詰まってしまっていて……
これを見て、ぽろぽろと涙が出てきてしまいました。なんでだろう。
泣いていたのはたぶん私だけだったと思います。周りの人にじろじろ見られましたが、皆さん何も思わないのかな。。

生後間もない赤ちゃんを連れて、仕事も抜けて来ていて、母国から働きに出てきていて。。
ただただ、こんな状況の人たちが、世界には居て、ここで怒鳴られながら必死に生きてるという事実を改めて目撃して、
なんだか、すごく悲しかった。


私は、大学でEUについて勉強してきました。
でも、なぜだか、イタリアに来てから、私が学んだEUは意味がないものなんじゃなのか、と感じるようになりました。机上の空論のような実にからっぽの理論のような気がしました。同じ大学だった親友に話しても、「そんなことないよ」と言われるし、でも私の中では腑に落ちない何かがありました。

でも、暮らしているうちに、実際、現地の一般市民の人が感じているEUと私が学んだ内容には、実に大きな隔たりがあることに気付きました。
例えば、EUになってから、イタリアはリラからユーロに変わる時、半分になる換算だったそうですし、最近、イギリスはEUk離脱しましたしね…移民・難民が増えているから、突然国境を封鎖する国があったり、これでは最早EUではないのでは??となどと。色々と思います。
良い面についても触れると、学生のいる奥さんと話すと、国境が無くなり、大学でエラスムス制度で、外国で学べたりと、いい面があることも確か。(これは私が大学で学んだ通りのこと)

でも、昨日のあの家族の出来事で思ったのは、
本当のEUを見るということは、移民局で、あの男性家族を見ることだったり、移民局を見ることであったり、
イタリアの私の周りのイタリア人が、現状をどう思っているのかを知ることだったり、メルカートでお金を恵んで欲しい、とぐるぐる回っている人がいることを知る事だったり。。こういう事なんじゃないのかな? と。そんなことを思いました。

なんだか、大学で学んだことと実際の違いは、例えば、国民の実際の生活を知らないで、政策を考える政治家くらい違う、そんな感覚がして、すごく自分が嫌になりました。


あの家族を思い出すと、今も本当に胸が痛みます。
怒鳴りながら怒鳴られながらも、でも、結局は、頭を下げて、お金を払って、移民局で滞在許可証を発行してもらわなきゃ、生活していけないという事実。。
EUになろうが、なるまいが、結局、世界の貧富の差は無くならない。何も良くなってないじゃん、という事実。
改め付きつけられたという感じがしました。


めぐりめぐって、思うことは、やはり、私は恵まれているのだ、ということです。
こんなに恵まれた国に生まれて、何不自由なく生きてきたのに、すぐ弱音を吐いたり、すぐ嫌だと泣いたり、すぐマイナス思考になったり、本当に私はダメだな、となぜか、すごく自分に対して怒りを覚えました。

イタリアに来て、日本とは比べ物にならないほどの貧富の差や、こういう移民の実情など、あらゆる世界の事実を見ることが出来ていて、すごく、意味のあることなんだと思います。

移民局には、酷い対応で、もう二度と行きたくないけれど(また滞在許可証を取りに行く時に行かなきゃいけな~いToT)、
昨日は、一生忘れられない出来事となりました。

まとまりの無い文章になってしまいました!汗

[PR]
by patata_lemondrop | 2016-09-23 05:57 | 世の中に物申す!