「ほっ」と。キャンペーン
NEW POST

トルタ・サラータ &トルタディリーゾ・サラータ

日焼け止めがいよいよ手放せない暑さ&湿気の多い リグーリアです。。

"あつい"繋がりで、EURO 2016も熱い!
イタリアは下馬評(弱いからグループリーグ敗退だって言われていた。)を覆し、快進撃が続いています。
昨日は、なんとスペインに勝ってしまい、ベスト8  ビックリ(^^;)

いや~イタリア人って、普段超適当でダラダラなのに、本番ここぞと言う時の土壇場での集中力と底力、
必ずと言っていいほど、結果を残し、何か問題が起きても、最後の最後で必ず間に合わせてくるのがイタリア人(苦笑)
だから、憎めないのですよね・・・
日本人のわたしは、普段からちゃんとしてくれ~と思うのですが、でもある意味これは、イタリア人の特殊能力だと思う。
日本人には足りない部分だな~。特に私は、果てしなく本番に弱いタイプなので見習いたいです。。。

次戦はドイツだそうで、、、ドイツは最強だって言われてますからねぇ。。
ミラクルなるか?!ドイツ対イタリアは、7月2日、ドキドキ!


暑くなると、先に作り置きしておける料理の出番が増えますねぇ。

夏になると、トルタサラータという”塩味のケーキ”の出番が増える我が家。
要はキッシュのようなものなんですけど、イタリアバージョンは、生クリーム等が入らないので、フランスのキッシュより軽いんです。
パイ生地(かまたはバター無しのリグーリア郷土生地)に野菜、卵、パルミジャーノやリコッタなどのチーズを入れ、
オーブンで焼きます。
そして、十分に冷ましてます。こういう塩味のケーキ類は、焼いた後、アツアツでは食べず、
味を落ちつかせてから、いただくのがイタリア流、その方が味が染みて美味しいのです。


夏季限定!のパプリカのケーキ(トルタディペペローニ)、作りました。
美味しいからあと何度か作りた~い!
d0348504_03550297.jpg

塩味のお米のケーキ(トルタディリーゾ・サラータ)は、リグーリアでも特にこのラスペツィアが有名。
ちなみに甘いお菓子バージョンのもあって、エミリアロマーニャ~トスカーナのカッラーラあたりで特に有名。


最初にこのケーキを知った時、お米を伝統料理として食べる文化が根付いているところが、日本らしくて親近感を持ったし、好きだな~、と感じたのを今でも良く覚えてます。

基本材料は、茹でたお米にパルミジャーノチーズ・塩・こしょう・ナツベグ・卵、のみ!(ちなみに、ジェノヴァ方面では、リコッタのようなチーズを入れて焼くのですが、、べちょべちょしていて、私このバージョンが好きじゃない。。)
それを、リグーリアの郷土生地で包みこんでオーブンへ。生地にはバターを使わないので、軽い仕上がりです。

で・も!

美味しく作るの、すごく難しいんですよねぇ、、材料がシンプルすぎて!全く美味しくないのもたまにある(苦笑)
お気に入りのパン屋さんの、ものすごく美味しいトルタディリーゾの味を目指して作ってます。
d0348504_22170950.jpg

丁寧に炒めたズッキーニを入れたバージョンも。

d0348504_22192349.jpg
素朴で美味しいのです。食べ始めると、止まらな~い!
最近は、夫の仕事場への軽食にも、夫からのリクエストで、このトルタディリーゾ、良く作ってます。

まだまだバリエーションがたくさん!また記録に残そうと思います。

[PR]
Commented by あーこ at 2016-06-30 00:44 x
EURO、イタリア対スペイン戦見てましたよ。
スペインのGKデヘアがいなければ、イタリアもっと点取れてましたよね。
デヘアは良かったけど、スペインの動きはいまいちでした。
イタリアは、下馬評良くなかったんですか?
今回は、ドイツ、イタリアが強そうって見てました。なので、決勝で出会ってもおかしくなかったチームが次戦なのが残念ですが、きっと面白い試合になるんじゃないかと期待してます。

キッシュ類って、確かに焼きたてより、冷ましてから食べた方がより、味が濃厚になって美味しいですよね。
キッシュは、市販の物をよくランチ用に買ってて、つい焼きたてで、冷め切ってないまま食べてしまいます。
残り半分は、翌日食べますが、その方が美味しいのはわかっていても、なかなか先に焼いておく事ができないんですよね。

塩味のお米のケーキが郷土料理なんて、面白いですね。
アランチーニとかあんなイメージでしょうか?
でも、中身はリゾットとは違うから、又、違う感じかな?
食べてみたいです。
Commented by kei-kana38 at 2016-07-03 21:29
こんにちは。
国民性って、面白いですね。
イタリア人の特殊能力、私も羨ましいです。
キッシュ好きなんですが、だんだんヘビーになってきました。
生クリームを使ってない塩味のケーキ、私にぴったりかも。
食べてみたいです。
Commented by patata_lemondrop at 2016-07-29 04:34
あーこさん、こんばんは!
返信がかなり遅くなってしまいました、申し訳ありません(><)

もう大分古い話題ですが…EURO。。優勝はポルトガルでしたね!
イタリアはドイツにPKで負けるという接戦で、個人的には驚きました。ドイツって強いのにイタリアとは相性が悪いみたいで??公式戦で勝ったことほぼ無いんだったかな??
イタリアは下馬評良くなかったですね、どうやらイタリアは全体的にレベルが下がってきてると、イタリア人に聞きました。イタリアはお金がなくて若手のユースの育成が後手後手になってるらしくて…反面ドイツは若手の育成に力を入れていたらしく、その成果が今出てきてる、なんてイタリア人に聞きましたねぇ。こんなところにも不景気が!?(苦笑)

キッシュ系は、イギリスにも売られているんですね!そうそう、冷ましてからの方が、味が馴染んで美味しくなりますよね。日本だと、なんでもアツアツで食べるのが美味しいなんて言われるので、冷まして、という考え方は、イタリアに来てから知りました!!
そう、私も、アツアツで、ちょっと、なんてつまんで、たくさん食べちゃう!^^;

お米のケーキは、日本人からしたら、本当に新感覚、かなぁ…?
アランチーニとも違うし、リゾットとも違って。日本はお米の国だから、日本人には好まれる料理かな?とおもいます^^ リグーリアに来られた際にはぜひ試してみて欲しい一品です★
Commented by patata_lemondrop at 2016-07-29 04:40
Keiさん、こんにちは!
返信が大変遅くなってしまいました、申し訳ありませんでした(><)

国民性、おもしろいですよね…日本人には無い特殊能力が備わっているんですけど、土壇場でしか発揮されなくて、平均的にイタリア人よりレベルの高い日本人からすると、それを普段からやってくれ~!と思うことが多くて……^^;;
キッシュ、すごく分かります、美味しいのですが、かなり重いですよね…
イタリア版キッシュは、軽めで美味しいのですよ♡



by patata_lemondrop | 2016-06-29 06:14 | リグーリア郷土料理 | Comments(4)