NEW POST

イタリアでのジブリ映画

先日、ビックリしたことがあったので、忘れないうちに、書き留めようと思います。
*長くなりますので、興味がある方だけお読み下さい*

先日、3日間子どもたちと過ごすことになったとき、映画があった方がいいだろう、とジブリ映画を2本持って行きました。
「千と千尋の神隠し」と「となりのトトロ」。
結局、うちのパソコンはwindowsでそのお宅はアップルだったので、持って行った動画が見れなかったのですが、奇跡的に、You tubeで千と千尋のイタリア語吹き替えが見つかったので、それだけを観たんです。

後日、友達(=その子どもたちのメキシコ人のお母さん)に、
「子どもたちが、ジブリ映画に興味を持ったから イタリア語のタイトルを数作品教えてほしい」と言われ、
家でリストを作っていたんです。私は、もののけ姫を、妹にはちょっとキツイかもしれない(戦いのシーンがあるしね)と追記して、リストに入れようとして、これでいいか?夫にちらっと聞いてみたんです。

すると、

夫:もののけ姫は、消して。子どもには絶対にダメ!
私:は?_?(私は12歳の時に映画館で観ている)

夫:日本のアニメは、海外で人気とか言われることがあるけれど、同様に、イタリアでは教育上良くないという風な意見も昔から根強いんだよ。自分が子どものことろは、日本のアニメを観ることが、できなかったんだよ。例えば、今、人気のワンピースだって、教育上良くないシーンはカットされているんだよ。

夫:つまりこいいうこと。子どものアニメというのは、子どもらしいものでなくてはいけない。例えばディズニーとかね。
どうしてアニメなのに、暴力的なシーンがあったり、戦いのシーンがあったり しないといけないのか?イタリアの保護者はこう考えているんだよ。

腑に落ちなくて、インターネットで調べてみると、
もののけ姫って、アメリカ始め多くの国では、PG-13(13歳以下は観れない)指定だったそう、知らなかった。。
夫曰くもののけ姫は、戦いのシーンとか、血があるからだ、っていうんですけど…

日本人として、日本の観念の中で、今まで育ってきているから、かなり納得がいかないけど、考え方の違いなんでしょう。
逆に、日本がこういうの規制しなさすぎなの???

確かに、今まで不思議に思ってきたけど、ジブリ映画って、イタリアでは映画館で大々的に公開されることは絶対に無いんですね。細々と、○○映画館で限定○日間だけ公開、とか(苦笑)

そんなこと言ったら、蛍の墓はどうなるの?
私は、確か小学校の授業の一環で観た記憶があります。
衝撃は確かに受けたけど、戦争って、こういうものだったんだ、って蛍の墓で学んだこともありましたが。

私:でもイタリアなんて、シンプソンのような過激なシニカルな実にならないようなアニメは午後2時頃から、放送されているのに、もののけ姫とか蛍の墓のような、歴史的や社会性の訴えを含んでいるような映画はダメということなの…?よっぽど得るものがあるのではないの?

夫:だけどね、イタリアでは、はこういう考え方なんだよ。自分に子どもがいたら、見せても良いと思うかもしれないけど、多くのイタリア人はこう考えてるの!

…議論は平行線をたどるだけなので、受け入れました。
考え方の違いですしね。でもそんなの全然知らなかったです・・・

そもそも、ジブリ映画って、夫の周りでは、イタリア人の子どもには、あまり受けない??らしく。
お子さんがいる夫の同僚に、夫はジブリを良く薦めるらしいけど、その子どもたちは全然好きじゃないらしく。。
トトロも、ポニョも。。。(変なのが動いてしゃべって、怖~いって感じなのかしらww)

日本の子どもたちは、大好きなのに…?感性が違うのかしら??

日本人としてはとっても悲しいけれど、しかたないのかな。
イタリアの保護者のアニメへの考え方を、知っていることが大切ですね、知れて良かったです。


ということで、リストには、無難に、魔女の宅急便、崖の上のポニョ、となりのトトロ、この3作品だけ書きました。
気に入ってくれるといいのですが・・・

[PR]
Commented by あーこ at 2016-06-28 20:55 x
こちらイギリスもTV番組等でもPG-13指定とか色々子供には見せてはいけない番組があったりします。
日本では、夜の時間帯にならないと放送できないとかはあったかと思いますが、そういうPG-13指定とか決まりはなく、親が決めてた様に感じます。

patataさんのおっしゃる通り、私もアニメ等から歴史的、社会的な事実を学ぶのは、子供にとってもいいと思うんですが、国が変われば、やはり考え方も変わるんですよね。
と言うか、もしかすると日本でも最近はこういう流れが出てきてるかもしれませんね。
よく、このアニメは、教育上、あまりよくないとか言われてるのも時々ありますよね。

私も小学生の時に見た火垂るの墓やハダシのゲンは、子供には衝撃的な内容だったけど、でもそのおかげで、戦争の事実を少しは理解できた様に思います。

ジブリ映画、こちらでは結構人気で、以前TVでJapan Weekの時に毎日ジブリ映画放送してました。
魔女の宅急便やトトロ、ポニョはやっぱり人気ですよね。
紅の豚は、イタリアが舞台だったので、どうでしょう?
Commented by patata_lemondrop at 2016-06-29 05:06
あーこさん、この記事にコメント嬉しいですっ!ありがとうございます!!

イギリスも規制がしっかりある国なんですね。でもジブリはテレビで放送していいたことがあるんですか?!それは驚き~!!イタリアでジブリ映画が放送されるなんて、一度も無いんじゃないかと…^ ^;
そうそう、確かに!!あーこさんが書かれている通りで、日本は規制が無くて親の判断に委ねられている感じですね。
日本人からすれば、アニメから学ぶって、当然のこととして受け入れられているような気がします。でも、国が変われば考え方が変わるんですもんね~。
そうそう、あーこさんのおっしゃる通り、私も火垂るの墓(あーこさんのコメントで漢字間違えていること気付きました、汗。ありがとうございます…)のお陰で、戦争の事実を知れたし、今でもあのお母さんのシーンは目に焼き付いていて。。今でもすごく悲しい気持ちになるのですが、でも戦争ってそういうものだったんですもんね。(残念ながら、ハダシのゲンは観てないんです;_;)子どもが知らないまま大人になったら世界は変わらないのでは??なんて少し思ってしまったりもします。
でもヨーロッパ人は、戦争の悲惨さをすごく良く分かっているんですよね、だから、別の方法で学んでいるのでしょうね。(どこの時点でどのように学んでいるのか、すごく気になる。)

魔女の宅急便、トトロ、ポニョあたりは王道ですよね^ ^
紅の豚、イタリアが舞台ですよね~私 紅の豚大好きなんです♡
インターネットで調べたら、宮崎監督って紅の豚は、対象年齢を大人に設定している、というような情報を読んで、入れるのを辞めたんです~!確かに物語は戦闘シーンもあったりと、ちょっと大人な感じなのかな?
Commented by africaj at 2016-10-13 20:30
今更遅いコメントですが、
息子が6歳の時に日本で祖母が亡くなったの。
その時にね、友人たちが私達の帰国の時にこう申し出てくれたの「くーま(息子の名)はあなた達が行ってる間、私達が預かってもいいわ。子供にはキツイことでしょう?」って。
お葬式、親族とのお別れについての考え方も、かなり違うものだって驚いたよー。うちは、すべてを見せる主義だから連れてくわって断ったけど。
でもそんなスペイン、「シンちゃん」はだーい好きで家族で見るのよ。私、スペインでうちの子には見せないことにしてたけどw
たぶんイタリアってルパン三世も大人気でしょ?
シモネタはいいんだなって思ったw
Commented by patata_lemondrop at 2016-10-14 04:26
africaさん、こんばんは!!お久しぶりです。すっかりブログから遠ざかっておりまして、、、(><)いやいや、古い記事も呼んで下さり嬉しい、さらに、コメントまで(;_;)どうもありがとうございます。

あぁ、確かに確かに、下ネタ系って、ヨーロッパではありなのかも、、ルパンはイタリアで大人気ですね…車もイタリアのチンクエチェントですからねぇ☆

スペインではしんちゃんが人気なんですか?!ビックリ!!!イタリアでは、やっているの見たこと無いです(苦笑)しんちゃんは、確かに日本でも下品だから見せない、とか聞いたことがあったような気がしますね。

話がそれますが、イタリアは夕方の番組で、水着のお姉さんたちが突然踊ったりする番組があるんですけど・・こういうのは良いわけ?って疑問ですw

なるほど…お葬式のお話も、とっても興味深い。。考え方が違うんですね。私が親だとしても、連れていくだろうなと思います。こういうのを辛い事だと考えるんですね。

今ふと思い出したんですが、姪っ子が義母は将来どうなるのか?的な話だったかな?をしている時に、「死」というワードが出てきたんですが、周りの大人が、それはまだダメだよ、とか言ってて、これもafricaさんのお話に通じるものがありますね。
私はそれを聞いたときに、違和感を感じたのを思い出しました。

あぁ。こうやって色々良く考えると、外国人との価値観って、色々な部分で全然違うんですね。
どれが正しくて間違っていて、という問題でもないですし…いやはや、価値観の違いって改めて、難しいですね(ToT)
by patata_lemondrop | 2016-06-28 04:35 | 世の中に物申す! | Comments(4)