NEW POST

旬のアスパラ & ニラ入り餃子作り & 紫蘇の苗

d0348504_18201051.jpg
旬のアスパラを楽しみました!! 過去形なのは、最近はなんだか固くなってきて、買っていないからです。
2週間ほど前までは、毎週買っていました。

作っていたのは、主にリゾット。
リゾットは、chiesaというリグーリアのローカル工房の 香草で熟成されたパンチェッタとアスパラ。
えびとアスパラ(+サフラン)のリゾット。えびとアスパラの組み合わせって合いますね、大好きです。
d0348504_18203833.jpg


そういえば、リゾット作るの、苦手です。
all'Onda(アッロンダ)=波うつ状態 で完成させるのが鉄則なのですが、タイミングがすっごく難しい。
ブロードを吸い過ぎた状態になったリゾットが出来上がったことが何度もあって、夫の機嫌が悪くなって、「もうリゾットは作らないで015.gif 」と言われた経験が何度か^o^; それでも作り続けるという

ソムリエ講座で、料理好きなシニョーラと料理の話から、これを守りなさい、と教わりました。

①お米の調理時間を厳守する 
②完成後、蓋をして5分置く(=ブロードはある程度多めに残しておく)

・・・基本的なことですネ、でも私、お米の調理は時間を計らず、味見して、また追加して、味見して、と感覚でやっていたので、それが悪かったのだろうな。最近これを守ったら、少しましになりましたが、でもやっぱりレストランで出るような完璧なオンダにはならず ToT

リゾット以外は、写真は無いのですが、アスパラの肉巻きの要領で、ベーコンでくるくるっと巻いて、焼き色を付けて、
白ワインで蒸し焼きにして、しょうゆでちょろっと味付けしたものとか。夫が気に入ってます(^ ^)
あと夫の家庭に伝わる、"トルタ"と呼ばれているインゲン豆で作る不思議なレシピの、アスパラバージョンとか。


先週日曜は、餃子作り。夫がシフトの仕事をしてて朝から仕事だったので、一人でせっせと。。
前回仕込んだ冷凍餃子がついに無くなったからです(涙)

前回の餃子作りが久々だったんですが、作っておくと、後々のごはん作りが楽♪ な事に気付き、
これからは、出来る限り、頑張って作ろう、と思って。
今回は、おそらく90個くらい(数えてない)出来たかな、一カ月以上は持つだろうか・・・

d0348504_18233303.jpg

ベランダでプランター栽培している韮を入れたので、本格的な餃子に011.gif
韮って収穫に2年かかるんですね、恥ずかしながら知らなかった!
そういえば、去年は、ニラのお花 も咲きました。今年も咲くのかな? 一年目は咲きませんでした。


自分が食べているものや、見ているものがどうやって育って形になるのか、知ることってすごく大切ですね。
義父の畑をたまに観に行ったりたまに手伝ったりしているので、私も色々と学ぶことができます。

基本的に、この町で育つイタリア人(夫も含め)は、すぐ山と海がある環境なので、自然のことを良く知っていて。
とっても素敵なことだと思います。反対に、私は横浜と東京、大きな町で育ったからなのだろうか。自然のことに関しては、この年になっても学ぶことがたくさん。学びって大切。まだまだたくさん学びたい!

育った環境って本当に大きな影響力があるんだな、と改めて感じています。

イライラが多いイタリアですが、イタリアに来たからこそ、気づけたことも、良い事もたくさんあって、食べ物は美味しいし ♡(←食いしん坊) 一長一短です。


先日、同じ町在住の日本人の大先輩から、紫蘇の苗をいただきました、無事に根付いて元気そう。
以前紫蘇の種をまいたら、芽が出なかった苦い過去があるのですが^o^;
今年の夏は、紫蘇を楽しめるかな。 ぐんぐん大きくな~れ056.gif
d0348504_18392922.jpg

[PR]
Commented by africaj at 2016-05-29 12:36
私、リゾットを作ったことがないので、オンダってなに?とか知らない事いっぱい。
リゾット難しそうですね―。
でも、美味しそうなものいっぱい!復活後すごく元気そうですれしいな♡

そうそう、私も日本にいた時は、買えば手に入る生活だったからそれがどんな風に出来上がるのか育つのか考えたこともなかったの。気にもしなかったし、自分には関係ないって思ってた。都会で生きる人は知る必要ないことって奢ってたのかも。日本の教育がそういう分断した教え方だからかもって、最近思うのだけど。。。

スペインはそれぞれの村で衣食住が完結してて畑育ててるのが普通だし、自然がとても近くて、いつの間にか私もそんな生活してて。
今思うと、大学で生物系に進めばよかった―って後悔(笑)生き物や植物って面白いよね。
Commented by kei-kana38 at 2016-05-29 14:59
こんにちは。
ちゃんとリゾットの作るのって、難しそう~。
作り方を拝見し、私が今まで作ってきたリゾットはなんちゃってだな~と感じました。
白米の炊き方も極めようとすれば難しいですものね。

ニラが育つのに2年かかるって知りませんでした。
ビックリです。
山があって、海があって、自然に囲まれたところで育ったご主人様、
きっと大らかで大きな心を持ったひとなんだろうな~と
勝手に想像してしまいました。
Commented by milletti_naoko at 2016-05-29 23:52
Patataさん、餃子とってもおいしそうですね♪ 栄養もあるし、おいしいし、気分もうきうきするし、お二人の楽しい食卓が目に浮かぶようです。

リゾットは、なるほどだんなさんは、お米がちょうどいい炊き具合で、レストランのようでなければとおっしゃるのでは難しいですね。うちは夫がパスタはアルデンテを好む一方、お米は義父母の影響かやわらかいのが好みなので、そういう意味では助かります。紫蘇、よかったですね。元気に育ってくれますように♪
Commented by patata_lemondrop at 2016-05-30 03:06
africaさん、こんばんは~!
今度リゾットのこと詳しくまた書こうかなぁ。難しいんですよ、思うに、日本でお米を炊く時って、最初にお水の量が決まっているけど、リゾットはブロード(洋風出汁)を足して足して、ってやっていくから、タイミングがぴったり合う瞬間の見極めが私には、とっても難しいんですよね。。

africaさんもなんですか!ビックリです、africaさんの畑ライフを拝見していて、ずっと昔からお好きで、知識も興味もあったのだろうな、と思ってました。
書かれているように、分断した教え方、私も思います。
ちなみに、私が通っていた小学校では、畑を耕して、野菜を育てる授業があったりして、芋虫とか、触って楽しんでいたんです。でも、いつからか、すっかり興味が失せてしまいました。なんだか、ず~っと、”大学を出て企業に勤めること”が"正しい"ってことを、押しつけられていたような感じがします。
そういえば、先日ぐるぐる考えていたんです。社会科見学について。
夫は、フラントイオ(オリーブオイルの製油所)を見学したりしたんですって。私は、横浜だったからなのか、日産と森永の工場でした、、この時点で、企業を連想させるし、もう違うなって。場所をもっと農家とかに変えたらどうなるだろう?って。

africaさーん(;_;)また、すっごく嫌なことありました。良いことと悪いことがぐるぐるめまぐるしいスピードでやってきます。嫌なことの中で、唯一、スペイン人の良い方と出逢ったのが救いでした。もうイタリア人女性は、本当に強くて怖いから嫌です。
折角復活したので、落ち込まないように、がんばります(;_;)
Commented by patata_lemondrop at 2016-05-30 03:24
Keiさん、こんにちは!
ちゃんとしたオンダのリゾットはイタリア人でも難しいみたいですよ。私の場合、洋風出汁を吸い過ぎて、水分が消えたピラフみたいな、ぱさぱさなリゾットになってしまうことが多くって(^o^;)確かに白米も 今の時代、炊飯器でピッですが、お鍋で丁寧に炊く場合は、給水時間に火加減水加減にと なかなか難しいですよね。

ニラ、Keiさんも御存じなかったんですね。すぐ収穫できると思ってわくわくしていたのに、成長があまりにも遅く ハテ(?_?)と、調べてみて知った衝撃的事実でした。

そんなことないんですよ、子どもみたいなんですよToT
でも、自然が好きで、自然の色々なことを知っていて。大切なことだなと思います。私は都会っ子なので正反対です。日本に来たときに原宿の、あの人ごみの竹下通りを通ったのですが、生まれて初めてだったようで 疲労困憊していました(苦笑)
Commented by patata_lemondrop at 2016-05-30 04:16
なおこさん、こんばんは!

餃子は、夫も、そして何より私が大好きで(笑)冷凍しておくと、いつでも食べれるのが嬉しいです、餃子を白米をいただくと、とっても幸せな気持ちになります♡
なおこさんがおっしゃるように、栄養面も、お肉のほか、ニラキャベツねぎと色々入りますものね!!でも、餃子の皮にお米に、と炭水化物が二重ですが。。(^o^;)

リゾットは All'onda と言われると困りますよね!本当に難しいです。レストランのリゾットはいつも完璧ですね、一体どうやって作っているのだろうか。。厨房を覗き見したいくらいです(苦笑)料理人ってすごいですね。
パスタはアルデンテがやはり美味しいですよね、旦那さまもアルデンテがお好きなのですね!!反対に、お米は柔らかいものがお好きなんですね。各家庭で色々と好みがありますよね。
紫蘇、譲ってもらえて、本当に良かったです、元気に育ってくれるといいのですが!お世話をがんばります。
Commented by あーこ at 2016-05-31 02:45 x
実家からニラの種を送ってもらって、今年種を蒔きました。
やっと少し顔出して来たんですが、収穫まで2年もかかるんですね〜。
今年は食べられないと思うと残念です。
昨年、友達からもらったニラの種蒔いたんですが、残念ながら発芽しなかったんですよね。

シソは、赤しそですか?
うちは、毎年青しそ育ててます。
キッチンの窓際で鉢で育ててるけど、毎年よく育ってくれて、夏場はシソを楽しんでます。
シソは一年草なので、種を収穫しておけば、毎年育てられるので、忘れず、種を収穫する様にしてます。
Commented by patata_lemondrop at 2016-06-03 18:21
あーこさん、こんにちは!返信遅くなってしまいすみません><

あーこさんのニラたちも、顔を出してきたんですね!!これから成長が楽しみですね!
今年は多分少しだけなら収穫できるかも?と思いますが成長が割と遅かったような。。ニラは発芽時点で歩留まりがかなり悪かった記憶があります!(種をたくさん蒔いたのに~涙)
紫蘇のように、ニラも、花が咲くのでその時に種を取っておくと、増やすのに便利かと思いますよ!

紫蘇は赤を青、両方分けてもらったのですよ!(あ、鉢を分けた方がいいですネ?!今気付いた^o^;)
紫蘇は一年草なんですね~。
アドバイスありがとうございます、種を収穫すると良いのですね!紫蘇、使い道が多いし、夏場は特に恋しくなりますね。私もどんどん増やしていきたいな~^^
Commented by nicole at 2016-06-06 20:07 x
一番目の画像のアスパラが紫?黒っぽくて珍しいね~!
火が通るとグリ-ンになるの?なんかお洒落。
この時期アスパラとグリ-ンピ-ス(もう時期的に終盤?)はほぼ同時進行で市場に出てとっても甘くて美味しいし、期間内に出来るだけ食べておかなきゃ!な食材だよね♪
(私は今年、恐る恐る鞘を剥いていたけど幸運にも一回ももにょに遭遇しなかったよ~♪)

patataちゃんのテラスは紫蘇や韮と市場で手に入らない貴重な野菜が栽培されているね。韮が柔らかそうで美味しそう♪
私はパクチ-を植えてみたんだけど、食べないうちにどんどん成長して食べられる葉がどんどん無くなって、現在は花が満開状態になってどうしよう?状態だよ☆
私もニラが収穫に二年を要するって知らなかった!アスパラもそんな感じだよね。餃子にニラが入ると段違いで美味しくなりそう。イタリアでも韮や牛蒡が手に入るといいのにね。
作り置きすると言えば、patataちゃんが以前帰国する時もだんな様の為に色々作って冷凍していたのを思い出したよ!(^^*)
Commented by patata_lemondrop at 2016-06-10 02:02
nicoleさん、こんにちは!返信遅くなりすみません。

アスパラ紫なんです、あれれ?_? そちらでは見ないですか?私がいつも行くメルカートのバンコでは、紫と緑とどっちも売ってるんですよね!そうです、火が通ると緑色に^^

毎年、nicoleさんとは、この時期もにょもにょの話題で盛り上がっていますね(笑)今年が出逢わなかったとは、羨ましい~!!!私は今年は、でっかいもにょに何度か遭遇して、悲鳴上げまくりでした^o^;
もうアスパラもグリーンピースも終盤ですね、アスパラはなんだか硬くなってきてもう買ってないです~。。

パクチーを栽培されているなんて!!nicoleさんアジア料理も作られるのですね!私アジア料理方面は疎くて、、花が満開状態とは!!種を収穫してまた植えたらいいのかな??私も去年のニラがまさに同じような状況でした・・・(去年はぐーたらして、餃子さえ作っていなかったので…)
そうそう、アスパラは収穫には時間がかかるんですよね!!

ごぼう、あったらいいなと思う食材No1です!!栄養も満点だし、ごぼう美味しいですよね。
ごぼうと似たようなものあるじゃないですか?あれってごぼうじゃないのですよね?

わ~そんな古い記事をまだ覚えて下さっているなんて~!!私忘れてました^o^; そういえば、毎回手作り冷凍食品をせっせと準備してました…(遠い目)帰国するにも色々と面倒なんですよねぇ。。。
by patata_lemondrop | 2016-05-28 19:19 | わがやの食卓 | Comments(10)