NEW POST

マルサラ酒漬けレーズン 想定外の第二弾

前回11月に仕込んだマルサラ酒漬けレーズンを使い、
たまにパウンドケーキを作って、個人的に楽しんでいたところ・・・

ある日突然夫が、
「このパウンドケーキ本当に美味しいよね、今一番のお気に入りケーキ♪」なんて言い出しました・・・!!
え~!レーズンが嫌いだ!とか、洋酒に漬けた果物は嫌いだ!とか、散々言ってたのに~ ^^;;;

毎日一緒に暮らしているのに、新発見がまだまだたくさんあります、面白い 。のか?^^;


ということで、夫のリクエストにより、継ぎ足しで、レーズン500g分、漬けました!!
d0348504_22491365.jpg

漬けるお酒は、私は当初、ラム酒が良かったのですが、夫はラム酒がどうしてもNGらしく、渋々マルサラ酒になりました。(最初は、えー!レーズン漬けって普通はラム酒じゃん・・・とか思ったり。。)

意外や意外、マルサラ酒というチョイスが、かなり良かったと思う、美味しいのです!!(グッジョブ、夫!)
辛口(Secco, Superiore)というチョイスも、実は意外と良かったかも。(Superioreは、Dolce(甘口), Semidolce(やや甘口), Seccoの三展開)
こんなに早く空くとは思ってもいなかったマルサラ酒、また買わないと。
シェリー酒漬けとかもいつかやってみたいな~♪

夫のカフェ友(レーズン嫌い)にも、このパウンドケーキは好評だったので、
こうすれば、イタリア人のレーズン嫌いさんも、食べれるのでしょうね。
イタリアって、アルコール漬けサクランボ(Ciliegie sotto Spirito)とかはたまに見るけど、
”洋酒漬けレーズン”は今まで見たことが無いので、新しい味なのかも?

かく言う私もレーズンそのままはあまり好きではないです。。


さてさて、このレーズン漬けの夫の反応から、
「夫の嫌いなものも(←ほぼ食わず嫌い)、もしかして、調理方法によっては意外と好きだったりするのではないか?」と思った。
先日、タコが安売りだったので、タコが食べたくて仕方なかった私、今までは夫が嫌いなものは、あまり買わないようにしていたけれど、物は試し、一杯買ってきました。
夫はタコが大大大嫌い。。
ヨーロッパでは近年まで、デビルフィッシュなんて呼ばれて毛嫌いされていたらしく、その影響もあるのかな? その割には値段高いけど^^;

今夜は、一応、考え抜いた和食メニュー2種で攻めてみますが、夫の反応はどうだろう。。
(肉食の夫が、タコを見て、うげ~気持ち悪い!とか言ってきたので、肉の方がよっぽど気持ち悪くない?と言っておいた、ふんっ!077.gif

[PR]
Commented by あーこ at 2016-03-15 19:07 x
うちの夫もレーズン嫌いで、レーズン入ってる物は食べなかったのに、私がクリスマスのお菓子のミンスパイをミンスミートも手作りしたら、それは気に入ったらしく、今まで食べなかったミンスパイ好きになったんですよ。
今は、毎年楽しみにしてます。
グラノーラもレーズン少なめで、ドライクランベリー多くしたりしてますが、それも食べるようになったし。
やっぱり、手作りって何でも美味しいって事ですよね。

後は、夫は、セロリやきゅうりも苦手で食べなかったけど、きゅうりは、私がサラダに混ぜると最近はよけずにちょっとなら食べるようになったし、セロリは火を通したら美味しいと食べるようになって、自分で作る料理にもセロリ使うようになりました。

食べ方次第で嫌いだった物が克服できたりしますよね。
イギリスは、食わず嫌いの人も多いんですよね。

タコはやっぱり、苦手な方多いですね。
以前、シーフードカウンターの人にもこれ、どうやって食べるの?以前、食べてみたけど、イカと違って、固くて噛み切れなくて苦手だった~って言われました。
私が、買った時に隣にいたご年配の女性には、しかめっつらされちゃったし(グロテスクに見えるようです)(*´∀`*)

タコの料理、旦那さんの反応、楽しみです。
Commented by patata_lemondrop at 2016-03-16 07:45
あーこさん、こんばんはー!
あーこさんの旦那さんもレーズン嫌いだったんですね!
ミンスパイって初めて聞きました、美味しそうっ、ドイツのシュトーレンみたいなずっしり系お菓子ですね♡あーこさんがお料理上手なんだと思いますよ、全部手作りしててすごいなぁ。レーズンって確かにレーズンだけで食べたら特に美味しくもないし、あーこさんの旦那さんとうちの夫の気持ちも分かるような気もするんですけど、あーこさんの書いている通り、ちゃんと手作りしたら、あとは、ちゃんと旦那さんのレーズン嫌いを踏まえたうえで、ちゃんと愛情込めて旦那さんへ向けて作っているから、美味しくなるのだろうな♡旦那さん幸せ者ですね♡

セロリときゅうり。確かに分かるような気もしますね、癖ありますよね。旦那さん、ちゃんと克服しているのすごい!!
イタリアのきゅうりって、太くて中の黄緑色部分が多い&水っぽくて全然美味しくないんですよ!こんなの食べてたら嫌いになってたな、とか思いつつ・・・イギリスのも同じような感じなのでしょうか。

そうそう、本当に食べ方次第だなと思いますね。イタリアも食わず嫌い多い気がしますね。食に拘る人が、○○は嫌い、とか言うから詳しく聞いてみたらそもそもあまり食べたことない、とか^^;

次の記事でちらっと書こうと思っているんですけど、うちは、夫の魚介嫌いに苦労してるんですToT イタリア料理の魚料理って日本料理よりバラエティに富んでないし、魚を生かして調理することにそこまで長けてないなぁと個人的には思っていて、日本風に調理したら、克服できるんじゃないか、と、色々試しているところなんです。。
少しずつ食べれるようになってきたんです(うるうる)タコもね、以前は口に入れるのも嫌!と言っていたのに、今回はちゃんと食べてましたToT奇跡!
イギリスもタコ苦手な人多いのですね、確かにグロテスクには見えなくもないか、それにデビルフィッシュですもんね、タコ可哀想!可愛いって思えば可愛いのになぁ♡(笑)あーこさんの旦那さんはタコお好きなのかな?
Commented by あーこ at 2016-03-17 06:08 x
再コメです。
ミンスパイって、やっぱりご存知ないですか?
ドイツのシュトーレンみたいなずっしり系とも違うんですよ。
ドライフルーツたっぷりのタルトといった感じです。
昨年作った時、ブログで紹介してるので、良かったら見て下さい。
昨年の12月24日の記事です。

きゅうりは、こちらも太くて水っぽくて、全然美味しくないです。
夫の男家族(パパとハーフブラザー)もきゅうり嫌いで食べないので、DNAもあるのかな?と思ってますが、日本で食べたきゅうりは、まだ食べれる!と。イギリスのきゅうりみたいに水っぽくないからみたいです。

夫は、タコは、好きですよ。
うちでは、もっぱらたこ焼き用に買ってるので、足の部分はたこ焼きに頭の部分は軽く茹でて、わさび醤油でお刺身みたいにして食べる事が多いです。
日本にも住んでたので、居酒屋でタコの唐揚げとかも食べてました。
うちは、外国人のくせに馬刺しも鯨も好きなんです。

タコをデビルフィッシュって呼ぶのは、初めて聞きました。
以前、蒟蒻をデビルズタンって説明した事あるけど(辞書に載ってたので)、何???ってこっちの人には、通じませんでした。
最近は、蒟蒻(白滝?)もダイエットフードとして人気になって、Konjacって表示されて売ってますけどね。
Commented by patata_lemondrop at 2016-03-21 06:33
あーこさん、返信遅くなってすいません(><)

ミンスパイ、あーこさんの過去記事、色々見てみました~!!なるほど、確かにシュトーレン系のずっしりでもない!ドライフルーツのタルト、私大きいのを想像していたんですが、小さいんですね!すっごい美味しそう(♡_♡) 私も試してみたいな!!ミンスミートを作らないといけないのか、、あーこさんの過去記事のレシピ参考にさせてもらって、いつか私も作ってみたいなぁ♡ボンさんも食べれるようになって本当に良かったですね~♡作り甲斐がありますね!

きゅうり、なんとイギリスも~(◎o◎)!やっぱり水っぽいきゅうりは、全然美味しくないですよね、、日本のきゅうりはやっぱり違いますよね!!

ボンさん、タコお好きなんですね!タコ焼きおうちでやるんですか!?(♡_♡)いいなぁ・・・食べに伺いたい!!(どこでもドアあったら即効で伺ってたなぁ・・・なんて 苦笑)
タコ足をわさび醤油で?!(♡_♡) うぅ美味しいですね~!!
胸きゅんワードがたくさん(笑)
え!ボンさんって日本にも住んでいたんですか?!日本語もぺらぺらなのかな??馬刺しも鯨もお好きなんだ!もはや、日本人ですね(笑)

蒟蒻がデビルズタン(苦笑)初めて聞きました、面白い!!悪魔の舌!?
蒟蒻ってこイギリスでは有名になってきてるんですか!!確かに、蒟蒻って日本でもダイエットフードとして使われますよね。そういえばイタリアでは全然有名じゃないです、最近はお豆腐がダイエットフードとして知名度をあげているくらいですねぇ。
by patata_lemondrop | 2016-03-14 23:23 | わがやの食卓 | Comments(4)