NEW POST

ブラザートで合格祝い、乾杯!

前回の記事へ、とっても嬉しいコメントありがとうございました!
勉強に集中していて、ここのところ、皆さんのブログになかなかお邪魔できていませんでした(;_;)

#

ソムリエ試験のお祝いを、受かっても受からなくてもしようよ!と試験に受かる前から、夫にしつこく言ってて(笑)
無事に合格をしたので、嬉しい気分で、ブラザートでお祝いすることに!

ブラザートは、日本で言うすじ肉の塊を、赤ワインと香味野菜で長時間煮込む料理。
ソムリエ講座のレストラン食事会で、ブラザートが出てきて(私実は初めて頂いた)とにかく、美味しくて美味しくて、感激してしまった。家でも試してみたいな~と思ってました!!!!

すっごくびっくりしたのが、講座で仲良くしていたお友達も、マーケットの野菜の屋台のシニョーラ(ローマ人)も、今まで作ったことない、と言っていて、ブラザートって、家で作ったりしないのかな・・
お友達のイタリア人主婦と話して、この料理はお金もかかるからねぇ、という結論に至りました。。
特別な時に、奮発して作るという感じ、なんでしょうか。


ということで、お祝いという名目で、家でブラザートにチャレンジ。(お祝いなのに、結局私が作るというねT^T)
部位は、カッペッロディプレーテ(Cappello di Prete)というのを使います、←講座の先生が教えてくれました。


●覚書
お肉は、予約しておいて作る前日に受け取り(約900g、予約時 に、私「私たち2人なんですが・・」お肉やのおじさん「1kgは多すぎだね、600gくらいかね」って会話をしたのに、900gも用意してた、、おーい おじさーん^^;; イタリアあるある^^;)
スパイス&ハーブ(クローブ3、黒コショウホール4、ローズマリー、月桂樹の葉2枚、にんにく1片潰す)セロリ(二本)、にんじん(大1~2)、たまねぎ(大1)を大き目に切ったもの、それに赤ワイン一本を、お肉が完全に隠れるほどの大きさのボールに漬けこむこと約14時間(最低12時間必要らしい)
翌日、鍋(私はテラコッタ使用)にオリーブオイルとバター約40gで、肉(ワインを切ってキッチンペーパーで良くふいておいく)に焼き色をつけてから、にんじんセロリたまねぎを入れて、軽く塩を入れ、野菜が柔らかくなるまで、大体10~15分くらい、炒める。
そのあと、漬けこみに使ったワインを入れて弱火で、煮込む。
残りの野菜とワインをハンドミキサーでドロドロにしてソースを作る。

d0348504_23575190.jpg

ワインは大切で、今回私が使ったワインは、Nebbiolo d'Alba(2012年)。
レシピを調べてみたら、フルボディのワイン、特にネッビオーロ種のワインが良いのだとか。確かにイタリアではブラザートは、アル”バローロ”(バローロのブラザート)というくらいなので、やはり、ネッビオーロ種がベストでしょう。


肝心のお料理は、ちょっと予定が色々変更になり、あまり煮込めなかったのが残念(約2時間半)で、
そこまでホロホロにならず。。美味しかったけど、もっと煮込まないといけないかなという感じ。。(レストランで食べたのは、口の中でとろけたから恐らくもっと煮込んでいるであろう)
付け合わせに、じゃがいもとにんじんのオーブン焼き。簡単放置パン(笑)も焼いて。

d0348504_23593295.jpg
ワインは、ヴァレディアオスタの赤( DOC Sottozona Torrette, 2014年)を合わせてみました。
ワインのボディが弱いかな、と思ったけど、意外と合って良かった!講座で学んだ食事との相性は、普段の食事の場でも生き、実践できるのが良い(^^)


デザートに、町の聖人ジュゼッペ(サンジュゼッペ)の象徴、ゼッポレ!とピスタキオのミニケーキ♡

来週末から、聖人のお祝いがあるので、今は期間限定で、ゼッポレがお菓子屋さんに並びます。(元々は南イタリア発祥のお菓子)この時期は毎年、色々なお菓子屋さんのものを試してます^^ 今日は家の近くのお菓子屋さんの、なかなか美味しい♪
揚げ生地とシュー生地と2種類があって、私はシュー生地の方が好き!



美味しかった!!
何よりワインと食事の相性や、ワインの評価を、試験前は切羽詰まって、ピリピリしながら、やっていて、食事の味すらあまり堪能出来なかったけれど、それから解放されたことに、何より幸せを感じました♡

追伸: africaさんへ(ご覧になってるかな??)
くるみのソースのレシピ本当にすいません。
近々ラヴィオリを作ろうと思っているので、必ず記事にしますね。すいません。

休む間もなく、また昨日から、別の講座がはじまりました(3月いっぱい。)昨日は約5時間の授業で、
もう倒れるじゃないかと思いました(;_;)
また更新も、まちまちになるかもしれません。

[PR]
Commented by あーこ at 2016-03-10 02:17 x
すじ肉って、スロークッキング用のお肉だから、やっぱり煮込み時間が重要ですよね。
この大きさなら、4時間以上は煮込んだ方がいいかもしれませんね。
マリネの時間よりも煮込み時間の方が重要な気がします。

こちらでは、こういう料理は、じっくり野菜も一緒に煮込むので、野菜の形もなくなったりするから、わざわざハンドミキサーでドロドロにしなくてもいいかな?と思いましたが、そちらでは、きっとそういう食べ方をするんでしょうね。
同じ様な煮込み料理も国によって、変わる物ですね~。
Commented by patata_lemondrop at 2016-03-10 02:40
あーこさん、こんにちは♪
あーこさんの書かれている通りで、恐らくもっと長時間煮込めば、野菜も自らドロドロになってハンドミキサーも必要無いんだろうなって思います。レストランのは本当にそんな感じでした。
4時間!!!次回作る時は、もっと時間に余裕を持って取りかからないとダメですね・・・
そうそう、すじ肉ってやっぱり長時間煮込んでこそ、本来の良さが出ますもんねぇ。
漬けこみについてなんですけど、大体イタリアのどのレシピを観ても、漬けこみは前日からって書いてあるんですよ。でも煮込む時間も漬けこみと同じくらい取らねばっ!って心持で次回は臨もうと思います!最低4時間目指して!
ありがとうございますー!またリベンジしますっ!
Commented by emilia2005 at 2016-03-10 02:55
Patataさん、合格おめでとうございます。
まわりの方々の協力やサポートもありますが
何と言ってもPatataさんの努力の賜物だと思います。
これでやっと、ゆっくり眠れますね^^
おいしいワインなど、ブログで紹介して下さると
とっても嬉しいです。
Commented by momo_capricci at 2016-03-11 05:26
patataさん、勉強家でいつも熱心だなと思っていたら、なんとソムリエの講座にも通っていたのね~!おめでとう!!
すごい、尊敬しちゃう。言葉の壁ってかなりのハードルだったんじゃないかな。それプラス、専門的な知識を頭に入れなくちゃならないんだものね。
シモーネもホント嬉しいだろうね^ ^
また別の講座?!体に気をつけて、頑張ってね!!
Commented by africaj at 2016-03-11 23:23
Patataさん、合格おめでとう!!
あまりに更新の動きがなかったので、ご無沙汰してしまっててごめんなさい。その間に、嬉しいことあったなんて。
早速ワインを使ったお料理の紹介、うれしいです。
これはシチュー用すね肉なのでしょうね。
自分で作っててエラい!
勉強期間中旦那さまが作ってくれたりしたから、今回は頼めないよね。わかります。
鹿肉でこんなことしたけど、やっぱりすね肉が美味しそう。

くるみソースのレシピ、謝んないでぇ!気長に待ってるので全然平気。覚えていてくれて、UPしたら知らせていただけるとなおのこと。量を計ったり割り出すの大変だもの。
今しばらく、合格の余韻に浸ってのんびりしてくださいな。
Commented by patata_lemondrop at 2016-03-12 00:16
エミリアさん、こんにちは(^ ^)
素敵なお言葉を、どうもありがとうございます(///∇//)♡
落ちこぼれだったので、試験を受けるのを辞めようかと思っていたほどだったのです。。ToT 最後まであきらめず頑張って本当に良かったです!
はい!もう夢でうなされることもなく(苦笑)、ゆっくり眠れています^^
特にリグーリアのワインは、美味しいのに かなりマイナーなので、機会があったら少しずつ書いていきたいです!
Commented by patata_lemondrop at 2016-03-12 00:26
momoさん、こんにちは~!!
勉強家なのかな、、、すごく嬉しい言葉です。
本当にありがとうございます!!!本当に本当に落ちこぼれで、最後まで、受かるか本当に分からなかったので(試験すら受けるのを辞めようと思っていた^^;)記事にもせず、ひっそり通ってました。。。ToT 
合格できて本当に良かったです!!そうなんです、言葉の壁が本当にハードルでした、、ToT ソムリエ資格は、暗記勝負な側面もあるので そこは若干救われた感じもしますが、救われたと行ってもフランス語とか、もう全然覚えられなくて(脳の老化、、笑)本当に困りました。
あとは、化学的な内容とか、ワインの評価は、理解とセンスの問題なので、本当に難しかったです。
シモーネも、喜んでくれてます、散々迷惑かけたので、落ちていたらシモーネも悲しんでいたことでしょう・・・(苦笑)
ありがとうございます、また会いましょうね♪
Commented by patata_lemondrop at 2016-03-12 02:42
africaさん、こんばんは!
どうもありがとうございます♡♡ 
謝らないで下さい、、いや、本当におっしゃる通りです、更新もせず、あまりにも長すぎる沈黙であった!と自分でも思います(^ ^;)

そうですね、日本だとシチュー用のすね肉ですね。
africaさんは鹿肉で試されたんですね、鹿肉だとどんな味になるのでしょう、超!新鮮な鹿肉ですもんね、美味しいのだろうな!!

そうそう、さすがにもう私が作らねば!(^ ^;) 夫は料理が上手なので、ケーキなども楽しんで作ってくれたのですが、終盤は、そろそろ勘弁して!というオーラがぷんぷんと、、、仕事もして、ですし当然ですね(^ ^;)

くるみのソース ToT 本当にすいません、、、やるやる詐欺になっていますね(涙)
来週中には必ず!!
by patata_lemondrop | 2016-03-09 00:15 | わがやの食卓 | Comments(8)