NEW POST

おひさしぶりです 最近のいろいろ、鞆の浦とにゃんこと小包 

更新無くてすいません。色々あって忙しくしており、ブログから大分遠ざかっていますが、
ちょっと息抜きしたくて、ブログ更新><

最近は、良く小鳥(夫曰くmerloクロウタドリ usignolo サヨナキドリ )が唄ってます!!!求愛期なのかな?
毎日、夕方頃になると、長~いこと唄ってて、歌声に耳を傾けるのが嬉しい日々です。
私も夫もインコ飼ってた経験があって鳥好きなので、「この鳥ぶくぶくで可愛いねぇ!」とか、話しながら、良く窓から観察してます。ご近所さんに変な人たちだと思われてないかな^^;


少し前の話ですが、鞆の浦(ポニョの舞台になったと言われる場所)の埋め立て、正式に中止というニュース!すごく嬉しくて、一人で歓喜の声をあげました!

2年前のちょうど今頃、鞆の浦を旅行したとき、架橋・埋め立て問題で、もめている話を、耳にしました。
美しい場所だったので、この景観は守られるべきだ、と心から私は思ったし、埋め立てには、賛成できませんでした。。
しかし、住民側には、賛成・反対、どちらの意見もあったそうで。古い市街地の狭い道路などで、渋滞等々、住民の生活は色々と不便で大変なんだとか・・・

観光客としては、というか、チンクエテッレがすぐ近くにあるので、それを普段から見ている者として、
少し思うことがありました。
チンクエテッレも、鞆の浦に負けず劣らず、かなり不便だと思う。。鞆の浦以上か?^^;
でも「改善してほしい」とか「何か工事をしてもっと楽になるように」などと思ってる住人、いないと思います。。
どんなに犠牲を払おうが、地元民は、ここの土地を愛してるし、このままの姿を守り続ける。。
チンクエテッレは今はもう世界遺産だから、、というのもあるけど、世界遺産に登録される前(1997年登録)から、ずっとずっと長い間、守り続けられてきたからこそ、だと思うし、
これに関しては(←笑) イタリア人って、本当に素晴らしいと思うし、見習うべき姿なのではないだろうか・・・

今回の件は、結果的には良かったのですが、根本の考え方が少し残念だな、なんてことも感じました。

便利に慣れ過ぎなのではないかな??
不便ってそんなにいけないことなのかな?とイタリアに来て思うことがあります。イタリアは行き過ぎの時も多々だけど^^; 少しくらい不便くらいが、人間の生活らしくて、温かみがあって、いいんじゃないかな・・・?


私の第二の母、伯母が、荷物を送ってくれて、首を長くして待っていたのですが、やっと今日届きました!
メインは・・・この雑誌!!伯母の家のにゃんこが、雑誌に掲載されたんです~!(あ、ちなみに表紙のにゃんこじゃないです、中にちっちゃくね ^^;)

d0348504_23255440.jpg

軽い気持ちで応募したのですが。。(いや、案外、結構可愛い(贔屓目)から載るかな?とちょっと思ったりもしたが!)
私&夫で、写真の画質を調整、応募、と色々と協力したので、一冊送ってもらったのです。
(ついでにお菓子なども色々入れてくれました、夫のリクエストは、もみじ饅頭。笑 ←あんこ大好きイタリア人!)

このねこ雑誌、偶然にも、ちょうど広島・鞆の浦のねこ特集。ブログの話の流れとぴったり!笑

伯母は今まで、2匹の犬、今のねこ、を飼ってきてて、
とりあえずどの子もメディアチャンスに恵まれたので、感無量のようで、すごく喜んでくれました。
(一匹目は、めざましテレビの今日のわんこに出演。二匹目は、伯父伯母の骨董品屋が、雑誌掲載された時)
そして今回、にゃんこが雑誌に。

何より、伯母にも、喜んでもらえてたことが嬉しく。遠いイタリアから、こうして喜んでもらえるようなことができて、
良かったです^^


[PR]
by patata_lemondrop | 2016-02-25 23:38 | 雑談