NEW POST

ためてた色々 と 人生つねに勉強

こんにちは~!
ここ数日、丸の内サディスティック が頭から離れません。
大学時代のバイト先で、椎名林檎好きの人が荷受けの時に、このアルバムを良く流してたからかなぁ~。
ベンジ~♪グレッチで殴って~♪ってね~。良い曲~♪



さてさて。
こびりついた、頑固な茶渋が取れなくなってしまった、この急須と湯呑。
一度重曹で試しても取れなくて、もういいや~と棚の奥に閉まってあった^^;;

↓この急須の茶色い線、くっきり見えますよね~?ひどいっ!!
d0348504_09262966.jpg

骨董に詳しい伯母に聞いて、
急須は絵つけが無いので水に薄めたハイターに、湯呑は絵付けが取れたら困るので、重曹を水に薄め、一日放置。
長く放置すると、効果覿面、湯呑の方は、綺麗になりました。
急須は、蓋するギリギリの部分だから、ちょっと残ってるなぁ、ましにはなったが。。

伯母曰く、日本には、茶渋取り専用の粉??が売られているようですね。


昨年、バルセロナ旅行帰り、ミラノで、電車出発ギリギリの時間に見つけて買った、この雑誌。

d0348504_09305465.jpg

忙しさにかまけて放置していたのですが(苦笑)1日1ページ(三日坊主を防ぐため!笑)と決めて、読んでます。
Giunti(イタリアに展開している書店)のartedossierシリーズ。(一冊、3€くらい)
前回またまた落ちたPLIDA(イタリア語試験)の読解試験に向けてネ・・・T^T


かなり薄い(約50ページ)けれど、なかなか充実していて、
歌川広重のことはもちろん、浮世絵のこと、江戸時代の背景などが、書かれてあり、作品も載っていて、とっても面白い!
なんでも鑑定団(今もインターネットで観てます、えへ!)で、東海道五十三次、の浮世絵が出てきたのを、何度か見たことがありましたが、この作品の生まれた経緯を知ると、見方が変わるし、後世に伝えるべき、正、に日本の宝。


これを読み終わったら、他の浮世絵師のシリーズも出ているようなので買ってみようと思ってます。

浮世絵って、外国で有名なんですよね、ゴッホはかなり影響を受けててコレクターだったのは有名な話で、
アムステルバムのゴッホ美術館へ行った時に、「浮世絵とゴッホ」のフロアがあり、驚いた記憶が。
モネも影響を受けているようですね。

これで、イタリア人に浮世絵のことを質問されても、答えられるぞ~、えっへん!!

ちなみにこの雑誌、イタリア人向けだから、文章の構成や単語が非常に難解。
勉強方法は、
一度自分で読んでみる&単語の意味を、たくさんある中から、この文章ではどれか推測する⇒夫に分からなかったことを聞いたり確認する時間を取ってもらう。という二段階制でやってて、これが効果的^^


こっちにきて、色々なことを質問されて、日本人だから知っていて当然なことさえうまく答えられず、恥ずかしい想いもしていて、日本のことを、もっともっと知らなくちゃ、 という気持ちが年々大きくなってます。

イタリア人がイタリアのことを自画自賛して、”大好きだ~!”と、言うように、
わたしも、母国である日本を、もっと愛そうって。

人生、まだ道半ば、謙虚にして奢らず、色々なことを勉強していきたいものです。


[PR]
by patata_lemondrop | 2016-01-17 09:43 | 学び