NEW POST

La Soffitta nella Strada

隣町サルザーナで、毎年、夏に盛大に開催されるアンティーク市、La soffitta nella strada 道の中の屋根裏部屋。 
このアンティーク市が、12月5日~8日で戻ってくるぞー!!というのをお友達に教えてもらい(感謝)、
夫とちょっとだけ行ってきました。
冬の、このアンティーク市の試みは、どうやら初めて、のようです。


サルザーナって骨董通りがあるみたいで、今回初めて知りました。
今回もその通りにも沿ったような形で、市が立っていて。細い長い通りで、たくさんの骨董屋が並んでました。
ナイトメアービフォアクリスマスっぽい?おぞろおぞろしくも可愛かったお店(写真下右)
d0348504_00095133.jpg
夫の仕事の関係で14時頃~行ったのですが、
ちょうどお昼休み(汗)骨董品屋さんはほぼ閉まってるし、屋台も出てないところが多くって、閑散としてて残念。

夫が見てた、古い絵。やはり彼は絵が好きらしい。
でも、基本、蚤の市には興味が無いのでつまらなそうにしていたけど・・・

d0348504_00310066.jpg

これは道具屋。このアンティークのトレー。
素敵だな~と思って。

d0348504_00333307.jpg

骨董品屋の店主と、日本(中国)の骨董品についてお話が出来たりも。
ピサで骨董品屋を営む、古伊万里のコレクターの方にも偶然、お会いしたり。

とある店主に「ここに書かれてるの読める?」って、聞かれたのですが、漢詩(汗)
漢字=中国人も日本人も、読めるんでしょ?って皆思ってるから仕方がないことなんですが。。
なんとなく単語は分かるものもあるけど、日本人なので、無理ですね・・・と答えたところ、
「日本の骨董品で、よく分からないものがあって写真を送るから見てほしい」と言われてしまいました。008.gif(あわあわ)
もし本当に送られてきたら、伯母に見てもらおう。。。

最後に、その店主の屋台で見つけたもの、 イゲ皿かと。
こんなところで、日本のお皿に出会うとは!! とっても嬉しくなりました。

d0348504_00385319.jpg


[PR]
Commented by milletti_naoko at 2015-12-08 08:37
Patataさん、こんばんは。Rai Storia (54ch)の歴史番組が興味深いので、時々見て楽しんでいます。最近、Luniという民族について取り上げていたので見ていたら、ルイジャーナのことがいろいろとでてきて、Patataさんを思いました。何かの歴史番組で、やはり最近サルザーナが出てきて、いつもピエモンテや南仏に行く時に近くを通るので、いつか行ってみたいなと思っていたところです。Patataさんのお宅からも、そうするとそれほど遠くないのですね。お昼時間で閉まっている店が多かったのは残念ですが、興味深い品物や日本・中国の骨董品に興味がある方に出会えてよかったですね♪
Commented by patata_lemondrop at 2015-12-13 04:40
なおこさん、こんばんは!返信がおそくなりすみません。
Rai Storiaで、ルニジャーナが特集されたのですね、Luniは私も興味があるんです。Luniは土地の名前ではなくて民族としてのLuniも存在していたのですか?!?!それは初めて知りました!ルニジャーナは歴史が長く、確か以前私の何かの記事でLuniとついて書いたときに調べたのですが、ローマ帝国時代は”カッラーラの大理石”ではなくルーニの大理石と呼ばれたほど、大理石の貿易の拠点として栄えたそうですね。
サルザーナはリグーリア州なのですが限りなくトスカーナ州に近いんです(サルザーナもルニジャーナの一部です^^) ラスぺツィアからは高速でも行けますが、下道でも30分もかからない位で着きますよ!ラスぺツィアはどちらかというと、坂が多くてリグーリアらしいのですが、サルザーナは平地なので、トスカーナらしさがある町だなと私は思います。市街地もとっても可愛いですよ~♡
こちらに、なが~いお昼時間があること、その日はすっかり抜けていました。。町の中のお店も全部閉まっていて町自体も閑散としていました^^;
こちらの方で、日本の骨董品、根付というものなど、日本の骨董品は価値が高いものも多く、コレクターも多く、日本人として誇りに思います!
by patata_lemondrop | 2015-12-08 01:53 | おさんぽ・散策 | Comments(2)