NEW POST

ソーシャルメディア

先日、現在アメリカ在住の音楽関係の仕事をしている友人が、FBにフランスのテロに関する意見を投稿してました。
彼とは高校時代の吹奏楽部の同期で、共に歩んだ同士のような感じ。私は、迷わずビシッ!と自分の意見を述べました。
翌日...彼のFBアカウントが見つからないっ!

別のソーシャルメディアを通して、彼に聞いてみたら、
多くの返信の内容に対して かなり落ち込んでいて、FBアカウントを停止した、とのこと…
発言する=誰かを傷つけていることになるのだろうか、ならば正しい答えは沈黙のみなのか・・・と;_;

意見を発信することは立派なことのはずなのに、意見を述べたことが、悪いこと、みたいな流れになっている。。
確かに、極論を言ってしまえば、意見を述べたら、誰かの気分を害する、それは、そうなのかもしれない、世界中の人たちが、皆同じ意見なんてことはありえないし・・・

で、ここからは、彼とのメッセージのやりとりを通して、私なりに色々感じたこと、です。

そもそも、ソーシャルメディア上で意見を述べるってことは、顔を合わせていない分、細かいニュアンスが伝わりにくいもの。
長い付き合いだったり、会ったことがあったり、友達であれば、あの人ならこんな風に言ってるかなぁ?とか、
その人となりをイメージしながら、読むことができるけれど、
ソーシャルメディア上は、文章の書き方によっては、読む人を不快にさせる場合が、かなりあるのかもしれないな、と。
例えば、断定するような文章を目にしたら、特に反対意見の場合、「なにこらー!(怒)」と感じる人もいるかも。

言い換えると、書き方ひとつで、伝わり方すら変わるってことかな、と。
何か世界的事件が起こると、意見を投稿される、教育関係者の知り合いの女性がいるのですが、
いつも「なるほど・・・こういう考え方もあるな」と、想わせる(←反対意見であっても)
絶妙~な、うま~い書き方をしていることに気付きました!

断定的な書き方、乱暴な書き方、押しつけがましい書き方、丁寧な書き方、物腰柔らかな書き方、あと友人は”裁定を下すような”書き方と表現してたな。・・・色々ありますね。
挙げただけでも、文章のニュアンスって、たくさんあり、伝わり方や感じ方のニュアンスも、人それぞれ違う。難しいー

パソコン上で色々な人と簡単にコミュニケーションが取れる便利な世の中、
反面、面と向かっていない分、口調、声色、表情、などが無い中で、文面だけで相手に自分の意見を伝えてるわけで、
文章の書き方、礼儀などをわきまえるよう、注意をしないといけないな~と感じました。

FBなどは、第三者(例えば、友達の友達、誰かがフォローしている全く赤の他人、等)の意見を、目にする機会も多い。
私も、ブログやFBなどのソーシャルメディアを使用している身として、
一方通行にならないよう、気をつけなくてはっ!と襟を正す思い。

と・・・こんなことをふと考えていた、今朝。

彼の投稿に対して強い書き方をしたいた人いたなぁ、もしかして私もその一人だったのかな、とちょっと焦る。
いやいや、ツイッターの彼とのやりとりでは普通だったから、一連のたくさんの要因が彼の心を傷つけたのだろうな。などとぐるぐる考える。

何はともあれ、早く立ち直って、FB復活してもらえたらいいなぁ・・・

[PR]
Commented by ひな at 2015-11-19 07:19 x
Patataちゃんの書いたこと、凄く分かるよ。
確かに書き方ひとつで伝わり方が変わるし、悪気無く書いたとしても受け取り手の気分で内容が変換されちゃうってこともあるだろうしね。
FBだけじゃなくて、ブログもツイッターも、書くって難しいよね。
Commented by africaj at 2015-11-19 11:05
意見を言うのは、難しいことですよね。
スペインでは、Barで政治とサッカーの話はするなって暗黙の了解があるのです。どんなに仲が良くても、そこのこだわりは譲れないって部分に面と向かったら、受け入れるのは難しかったりするから。
ソーシャルメディアで嫌なのは、相手に対して繋がりを大切にするから、言い控えるっていたわりがないツールで。
だいたい、狭量で他の考え方は攻撃するような意見の時に不快に思えるかもしれないかなあ。そしてぶつかり合っても平行線だろうことが見えていて議論にならない雰囲気。
上手に伝わる文章は、書き方伝え方の根底にはたぶん自分の意見を、「いち意見として申すけれど、皆さんはどう思う?」的、多様性を受け入れつつ正解を考える気持ちがある文章じゃないかと思ったりします。

あ、先日のイスラム教を上手に例えた人は、放送大学教授の高橋和夫さんですよー。
Commented by patata_lemondrop at 2015-11-20 00:02
ひなちゃん♡同意ありがとう。
確かに。受け取り手の気分やニュアンスで内容が変わってしまうことって多いのではないかと思う。あと、私は、ブログのお会いしたことないお友達からはどうゆう人に思われているんだろう、とか。”私は私"として書くけど、私の書き方や、受け取り手のニュアンスによって、イメージも変わってくるだろうしね。
そう、書くって難しい!
意見を言うことって正しい事のはずなのに、同時にすごく怖いことになっちゃってる感じもする、炎上とか良くあるしねぇ。↑上のafricaさんが書かれているように、ネット上だと言い控えるってことが無いし。それに、名乗らずともコメントだってできちゃうもんね。ソーシャルメディアとの付き合い方、よく考えないとなぁ・・・FBもツイッターもブログも、私、今まであまり考えずにやってた(反省)
Commented by おやびん at 2015-11-20 00:57 x
お引越しされたんですね~!
こちらにブックマークも変更しておきました!

確かに、人って十人十色なので
色々な発言があってもいいと思いますが
やっぱり今回のようなデリケートな内容って
発言するの難しいですよね。
炎上しちゃう場合もあるようだし、
お友達、アカウント停止なんて少しかわいそう。。。

FBのプロフィールのトリコロール化もですよね。
私は見たときに、何となく「お祭り騒ぎ」っぽくて
嫌だなって思ったんで、変えてません。
あと、いつそのトリコロールを取り払うのか?
その時って「もういいや」って感じになっちゃいそうで
それも嫌だったんです。

でも、犠牲者に思いを寄せたかったっていう
変えた人の意見も分かるし、
パリだけじゃないのにって反対意見の人には
なるほどな~って思ったりしました。

何はともあれ、結局このテロの原因は何なのか?
それを遡って考えない限り、爆撃だけでは
憎悪の報復の繰り返しなんですよね。
世界のリーダーがちゃんと解決策を見つけてくれたらいいけど
何となく、それって色んな思惑が交差してて
不可能な気がするのが、とっても悲しいですね・・・
Commented by patata_lemondrop at 2015-11-20 04:27
africaさん、こんばんはっ♡
まず、africaさんから頂いたコメントを読んで、考えられていることが 全て核心を突いていて とても勉強になりました。また、こんな風に物事を見れて考えられる africaさんってやはり素敵な方だな、と改めて感じました♡貴重なご意見、どうもありがとうございます♡

スペインの政治とサッカーの話はするなって暗黙の了解、なんとなく分かります。イタリアも政治とサッカーの話、中でも特に政治は、いくら議論を交わしても堂々巡りな気がします^^;

考えさせられます、"ソーシャルメディアで嫌なのは、相手に対しての繋がりを大切にするから、言い控えるいたわりがない"という下り。その通りですね。相手がいて、気を使ったり相手を思いやったりというのは、人間の心の部分で、ソーシャルメディアが無かった時代は当たり前にやっていたことだったのだろうな、なんて、思いました。
最近、炎上とか増えてますが、そういう 心無い言葉を吐く行動とかって、ソーシャルメディアが当たり前の時代の今、相手のことを考えられず、一方通行で発信する人に多い、イコール、基本的に思いやりの部分が欠けている人、が増えているから、かもしれないな、と思いました。
確かに!上手に伝わる文章は、africaさんの書かれているように、書き方だけじゃないですね・・・(←私ってば恥ずかしいです、、汗)「多様性があり正解を考える気持ち」正にそうですね。きっと、そういう風に考えることができる人って、実際に思いやりがある人だからできる、のでしょうか。だから、"狭量で他の考え方は攻撃するような意見の時に不快に思う" という下りは、反対に、自分勝手で相手の気持ちを考えられない人に多いのかな、と思ったり。文章の書き方って、その人となりや性格が出る、つまり、私は文章の書き方にも色々種類があると書いたんですけど、そもそも、その人となりが有りきで、その後、ついてくる問題なのかな、なんて思いました。

ありがとうございます!高橋和夫さん、初めて聞きましたが国際政治学者の方なんですね、私が大学で勉強していた内容とどんぴしゃですっ!!調べてみたら、動画がたくさんあがってますね、見てみます(わくわく)
Commented by patata_lemondrop at 2015-11-20 09:14
おやびんさん、こんばんは~!
ブックマーク変更、お手数おかけしました、どうもありがとうございます、今後ともどうぞよろしくお願いします♡

貴重なご意見ありがとうございます♡ソーシャルメディア上の発言って色々な方に見られるし、そう、炎上しちゃうこともあるし、本当に難しいですよね。ただ発言するのとは、状況も違いますもんね。
アカウント停止;_;繊細な感性の人だから、すっごく心配で、急いで連絡取ったんですけど、冷静な返信が返ってきたのでちょっと安心しました。

そうそう、FBのトリコロール化、私もおやびんさんと同じで、変更はしませんでした。パリだけじゃないのにな、って思って。それに、シリアは、原爆が日常茶飯事として起きている状況なのに変えないのはなんで??と思っていて。
私は、FBがまるで、変更を推奨しているような感じがして、こういう誘導みたいなのは、ちょっと嫌だな、って思っちゃいました。でも、おやびんさんが書いてるように、変更している人は、シンプルにただ追悼の意を表してなんでしょうしね。。
おやびんさんもどっちも分かる、って書いていらっしゃるように、どちらの意見も分かる上で私はこう思う、っていう考え方や、思いやりのような気持ちが、メディア上での発言では、もっと必要なんじゃないかな、とか今回の色々な方のコメントから、思うことができました、私自身とっても勉強になりました。

私もそう思います、テロによりパリの人たちが亡くなられた⇒怒りで空爆し返してたら意味がないんじゃないかな?って。。確かに、悲しいのは分かります、もし自分の家族だったら?って考えたら感情的になっちゃうのかもなぁ…とか。
でも、皆が、建設的に、じゃあどうしたらいいんだろうね? と考えて、発信しなくちゃいけないのかな、と思います。そのためには、やっぱりどうしてこうなってしまったのか、歴史や宗教など勉強する必要があるだろうと私は思っています。
皆が、色々な考え方や違いを認め合えるような平和な世界がくるといいな、と願って止みません。こうして意見のやりとりができてとっても嬉しいです、ありがとうございます♡
by patata_lemondrop | 2015-11-18 18:14 | 世の中に物申す! | Comments(6)