NEW POST

バルセロナの美味しいもの, ④ Cal Boter⇒エンリケガイド⇒ピカソ美術館⇒ラーメン

バルセロナの美味しいもの、過去記事はこちらから ⇒  

④は3日目。朝は、エンリケにコートを借りて(笑)、グエル公園に。
が!!! なんと予約制システムに変わってて「次は16時半のチケット」と言われてしまう…
後で戻るのも嫌だったので(あの急勾配がねぇ、、)翌日のチケットを購入。

その後、グラシアの友人宅まで、歩き。素敵なゾーンでお薦めだと、聞いていたので。すごく良かった♡
2人ともコートをやっと購入!やっと暖かくなったのでありました。(ぽかぽか)

お昼は、カロも揃って。14時半頃でしたが、この時間帯、ちょうどスペインのランチタイムなので大混雑。
家から、またまたすぐのCal Boter 
ランチメニュー、ワインつきで 11.5€、コスパが良い!メニューはプリモ5品~,セコンド4品~,デザート5品~ 選べました。
d0348504_06314583.jpg
プリモ: Arròs Negre (アロスネグレ)イカスミのパエリア(←アリオリと食べるのがお決まりなのだとか。アリオリの説明は、過去記事②にあり)
セコンド: カタルーニャ地方のソーセージ Botifarra(ボティファッラ)に白いお豆。
デザート: カタルーニャ地方の山羊のフレッシュチーズMató(マトーに、ハチミツがかかったもの。とても美味しく、癖になる味でした♡ 

カタルーニャ地方の郷土料理を食べたいな!と思っていたので、大満足!


午後は、エンリケガイドの、バルセロナの街や建物、芸術の説明などなど、歩いてピカソ美術館へ←エンリケの前勤務先。

ピカソの若い頃の作品(デッサン)~所蔵している貴重な美術館。
ピカソの絵って、1,2枚単位では、何度か鑑賞した事ありますが、若いころの作品から続けて鑑賞したのは初めて。
あのピカソの画風までどのように変化していったのかが、良く分かりとっても興味深かったです。

親友が亡くなった悲しみから、青だけを使って描かれたという作風、通称「青の時代」
青・・・海、夏、明るいものを連想させることが多い色ですが、ピカソの描く たくさんの青い絵からは、
悲しみや孤独、苦しみしか伝わってこなくて、胸が痛くなりました。

圧巻は、ディアゴベラスケスの「ラス・メニーナス」を、さまざまな角度や視点で描いた、58枚の連作、キュビズムの時代。何部屋にも分けて飾ってありました。

そう、ちょっとした事件が。
ピカソ美術館で、私と夫にこしょこしょ声で、エンリケが絵についての背景や説明をしてくれていたのですが、
学芸員たちに注意された(苦笑)ガイドの資格がないと、友達に説明すらも出来ないんですね・・・
大体のスタッフは、エンリケの元同僚達なので、「イタリアから折角きてくれた友達に、大学で学んだピカソの知識を少し説明していただけ。それすらもダメなの?」と反論、一悶着ありました。
これって常識? 私たちが知らなかっただけなのかな? びっくりでした。


夕食は、ラーメン。「らあ麺屋ひろ」へ。
我が家からでは、フィレンツェまでいかないと本格ラーメンは食べれないので、都会へ旅をすると ラーメンは外せませんっ♡ 夫もラーメン大好き 笑
すごい人で寒い中一時間ほど待ちました~。バルセロナのラーメン人気に驚きましたっ!
外の席で、暗くって、撮影がうまくできず(写真無し)久々の日本人の方が作る美味しいラーメンに舌鼓!の3日目。

[PR]
by patata_lemondrop | 2015-11-17 05:39 | 旅の記録